特許を取ろう~弁護士の協力で特許取得もバッチリ~

裁判

協力してくれる

男の人

まず、特許関連に関してのはなしですが、先ほどから特許事務所といってますがその場所での弁護士の仕事は事務処理の代行です。ですが、これがなかなかくせもので、一般の人には1人ではなかなかうまくできないのです。では、特許の中にはどういったものがあるのでしょうか。先程も言いました、知財。これは知的財産権です。この知的財産権は精神的活動から生み出されるものへの保護です。つまり、アイデアなどを権利付けて守ってくれると言うこと。創作物全てには、著作権というものがありますよね。この著作権も知的財産権の中のひとつではありますが、実はこれは特許ではないのです。
あれ、知的財産権とは精神的活動からなるそう、だから著作権も知的財産権が適応されますが、これらにあたり侵害などがある場合は文化庁での対応となります。もちろん、弁護士を弁護人と立てる場合もありますが、あまりみませんね。話はそれましたが、特許とはとなりますね。同じくアイデアであってもそれを形作るものが技術的要素である場合、特許庁にて申請するひつようがあります。そこには単純な特許であったり、意匠だったり、商標だったり。ちなみに、著作権物を商品化する際にあたり、独自の技術を容易ての生産ならば、これは特許庁での申請がうけれるケースがあります。弁護士に依頼して特許取得を頼むなら、無料相談を依頼するといいでしょう。その商品が本当に特許を取得できるか確かめてくれることもあります。