特許を取ろう~弁護士の協力で特許取得もバッチリ~

弁護士

取得する際は

裁判

みなさんは岡山の特許事務所という場所をしっていますか。読んで字の如し、岡山の特許関係を多く取り扱う事務所にはちがいありません。あらゆる特許の手続代行をうけもつのが特許事務所の仕事です。この仕事はなかなか作業量も多い、他地味な仕事とはいわれていますが、ありとあらゆる特許や新案、斬新なデザインの意匠、魅力的商品の商標などを見る機会にもめぐまれており、こういったものが好きな弁護士にとっては特許事務所はやりたい仕事でもあるようです。しかし、多くの弁護士はこの特許事務所での仕事を避けるそうです。まず、特許の仕事はかかわる事柄の特許や意匠権など、ありとあらゆるも事柄に精通する必要があります。中途半端では行けません。なので学ぶものが多すぎるのです。この特許事務所はむかしでは法人格、いわゆる法人として活動することができませんでしたが、最近の弁護士法改正にともない、法人格を取得することがかのうとなりました。つまり、会社として動けるようになるのです。ですが、全国各地に事務所などをひたりて事業拡大を目指さないかぎり事務所にはメリットがないようですね。特許事務所は1人でも実際は開業できます。しかし、いくら1人といってもなにかアレば仕事自体出来ません。さらに、弁護士が懲戒処分を食らってしまった場合、事実上仕事はできなくなるようですね。
この弁護士事務所での報酬ですが、これはちゃんと決められていて、弁護士報酬額とうものが表としてあったりします。

協力してくれる

男の人

特許関連を取得する際にあらゆる手続きが必要になってきます。その手続きを代行してくれるのが弁護士です。弁護士に代行してもらうことで、特許を取得しやすくなるでしょう。

View Detail

弁護士に頼もう

男女

知的財産権は、公平なビジネスを行うために大切なことです。著作権は文化庁で取得することが大切になってきます。特定の権利を取得するためにはどのような管轄の庁で取得するかが大切です。

View Detail

特定の法律

男女

弁護士はなんといっても法律のプロ。つまり、特許などの知財知識もバッチリですが、実際にすべての弁護士が特許事務所を開業できるぐらいの知識を持っているかというと、そうでもありません。

View Detail