特許を取ろう~弁護士の協力で特許取得もバッチリ~

裁判

弁護士に頼もう

男女

さて、知的財産権の話、つまりは特許事務所で弁護士さんや法人格を得た特許法人の方のお仕事の内容にどんどん触れていきましょう。少しマトメますと、知的財産権とは精神的活動からから生まれたもで、おのおの種類により権利として守られるとのこと。で、先ほど説明したのは技術的要素を含めたものは特許庁での管轄ですが、著作権は文化庁。でも、著作権は基本的に創作した瞬間にうまれますので。とても大切なものでだれにも侵害されたくない場合は、ブログや展示など、人の目に付く場所で自分のものとサインなりをいれて公言すれば基本的にはまもられます。copyright表記を付けておくのもいいですね。その他にも、回路配置などの利用の権利は経済産業省だったり、農作物の育成に関する権利でしたら、農林水産省が管轄となっています。ちなみに、この特許事務所で関わってくるものを知的財産権のなかでも産業財産権といいます。では、この産業財産権とは?産業の発展とはそもそも、自由であり公平です。ですが、そのなかで切磋琢磨して技術の進歩の推進を目指すのがおきまりです。しかし、ひとの考案したアイデアを盗み完成させたり、公平でない動きをすると、これは最終的には産業発展のおおきな妨げとなります。これらを防ぎまもるために生まれた権利です。知的財産県権を取得するためにも弁護士の存在は欠かせなくなってくるのです。知的財産権取得して安全に商品を販売していくのも一つの方法だといえるでしょう。